住宅ローン控除

住宅ローン控除とは住宅ローンを利用して住宅を購入したとき、一定の条件のもとで所得税の還付が受けられるシステムのことです。マンションや一軒家など住宅を購入した場合は住宅ローン控除が受けられる場合があります。

住宅ローン控除対象者

・床面積が (登記簿面積で) 50平方メートル以上の物件
・合計所得金額が3000万円以下
・10年以上の住宅ローンを組んでいること
・マンションは築25年以内、木造一戸建ては築20年以内であること
(平成17年4月1日以降の取得の場合、国が定めた耐震基準を満たすもの。築年数は問わない)
などです。

住宅ローン控除額は借入金の年末残高に控除率(1%、0.5%)を掛けた金額です。

居住年度によって控除額の限度額が決まっており、段階的に縮小されることが決まっています。

※年度によって計算方法や控除額も変わっていますので、詳しくは、国税庁のHPでお確かめください。
No.1213 住宅を新築又は新築住宅を購入した場合(住宅借入金等特別控除)|所得税|国税庁

⇒ 住宅ローン控除を受けるための必要書類や申請方法についてはこちら!

Pick up & PR

個人事業主の確定申告 」にある記事一覧

スポンサーリンク

このページの先頭へ