バス代を現金で支払った場合の勘定科目と仕訳例

バス代を現金で支払った場合の仕訳例です。

(Q-1)ビジネスセミナーに行く時にバス代400円を現金で支払った。

借方 貸方
旅費交通費 400 現金 400

(Q-2)ビジネスセミナーに行く時にバス代400円を現金で支払った。
   この時のバス代は個人の財布から支払った。
   後日、事業用の財布から400円を個人の財布へ入金した。

借方 貸方
旅費交通費 400 事業主借 400
事業主貸  400 現金 400

バス代を支払った場合の勘定科目は「旅費交通費」を使う。

関連記事リスト

事業用の財布から現金で個人の昼食代(外食費)を支払った
事業用の財布から現金で個人の昼食代(生活費)を支払った場合の勘定科目と...

このページの先頭へ