単式簿記

単式簿記はシンプルさが魅力です。
複式簿記に比べ必要な帳簿の種類も少なく、貸借対照表の作成も必要ありません。
控除が受けられる金額は10万円です。

お金の入金があったときや、お金を支払った時に帳簿を記帳していきます。(現金主義)
お小遣い帳や家計簿をつける感覚で記帳でき、最低限必要な帳簿は現金出納帳・経費帳・売上帳です。

*単式簿記を選択できるのは所得が300万円以下で所轄の税務署に現金主義による所得計算の特例を受けることの届け出書を提出し、承認される必要があります。

Pick up & PR

青色申告・簿記の関連用語 」にある記事一覧

スポンサーリンク

このページの先頭へ