自動車(営業車・自家用車)関連のよくある仕訳例と勘定科目

個人事業主がつかう自動車に関連するよくある仕訳例と使う勘定科目です。

個人事業主の場合は自家用車を仕事との兼用でつかっている方が多いと思います。

  • 車検費用はどんな勘定科目をつかう?
  • 自動車税を支払ったときはどんな仕訳をする?
  • 自家用と仕事用の比率をだして、車の必要経費を計算する按分とは?

など、ここでは自動車に関するよくある仕訳例と勘定科目についてご紹介します。

車検費用を支払ったときの仕訳例とつかう勘定科目(個人事業主)

車検費用を支払ったときのよくある仕訳例と勘定科目(個人事業主)。車検費用を仕訳するときにつかう勘定科目は重量税・登録印紙代(租税公課)、自賠責保険(保険料)、修繕費と使う勘定科目が分かれます。

ガソリン代を支払った場合のよくある仕訳例と勘定科目

ガソリン代を支払った場合のよくある仕訳例と勘定科目。ガソリン代の勘定科目は車両費?それとも旅費交通費?自家用兼用車なら個人事業主の場合ガソリン代を按分仕訳する必要があります。

このページの先頭へ