パソコンやパソコン周辺機器を購入した場合の勘定科目と仕訳例

パソコンやパソコン周辺機器を購入した時の勘定科目とよくある仕訳例を紹介しています。
パソコンやパソコン周辺機器の場合、購入した金額によって勘定科目が変わるので注意が必要です。

また、最近ではクラウド型といってパソコンにインストールしないでウェブ上で使うソフトも増えてきました。

ここでは、パソコン関連の
・こんな時はどのような勘定科目を使うの?
・こんなときはどうやって仕訳をすればいいの?
をご紹介します。

パソコンを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例

パソコンを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例です。パソコンの場合は購入金額によって勘定科目と仕訳方法が変わります。

パソコンをレンタルした時の勘定科目とよくある仕訳例

パソコンをレンタルした時のに使う勘定科目とよくある複式簿記での仕訳例です。

パソコンソフトを購入した場合の勘定科目と仕訳例

MicrosoftOfficeや会計ソフトなどのパソコンソフトを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例です。パソコンソフトは購入金額やクラウド型で勘定科目が変わります。

パソコンのマウスを購入したときの勘定科目と仕訳例

パソコンのマウスを購入したときに使う勘定科目とよくある仕訳例です(複式簿記での仕訳方法)

プリンターを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例

プリンターを購入した時に使う勘定科目とよくある仕訳例です。プリンターの場合は購入金額によって使う勘定科目が変わります。

パソコンのモニター(ディスプレイ)を買った時の勘定科目と仕訳例

パソコンのモニター(ディスプレイ)を買った時に使う勘定科目とよくある複式簿記での仕訳例です。

レンタルサーバー代をクレジットカードで支払った時の勘定科目と仕訳例

レンタルサーバー代をクレジットカードで支払った場合の仕訳例―個人事業主の為の複式簿記入門講座

このページの先頭へ