レンタルサーバー代をクレジットカードで支払った時の勘定科目と仕訳例

レンタルサーバー代を6カ月分一括で支払った場合の仕訳例

(Q)レンタルサーバー代6カ月分の6000円を一括でクレジットカードで支払った。支払はよく月の27日に普通預金から引き落としになる。

(A)通信費 6,000/未払金 6,000 ←支払日の仕訳
   未払金 6,000/普通預金 6,000 ←引き落しがあった日の仕訳

レンタルサーバー代は小額ならば月割しないで一括で通信費で処理することも可能です。
会計年度をまたがっている時も決算仕訳は何もせずに当期の経費として計上します。

関連記事リスト

パソコンのマウスを購入したときの勘定科目と仕訳例
パソコンのマウスを購入したときに使う勘定科目とよくある仕訳例です(複式...

パソコンのモニター(ディスプレイ)を買った時の勘定科目と仕訳例
パソコンのモニター(ディスプレイ)を買った時に使う勘定科目とよくある複...

パソコンを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例
パソコンを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例です。パソコンの場合は購...

パソコンソフトを購入した場合の勘定科目と仕訳例
MicrosoftOfficeや会計ソフトなどのパソコンソフトを購入し...

プリンターを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例
プリンターを購入した時に使う勘定科目とよくある仕訳例です。プリンターの...

パソコンをレンタルした時の勘定科目とよくある仕訳例
パソコンをレンタルした時のに使う勘定科目とよくある複式簿記での仕訳例で...

このページの先頭へ