パソコンのモニター(ディスプレイ)を買った時の勘定科目と仕訳例

パソコンのモニター(ディスプレイ)を買った時の勘定科目と複式簿記を使ったよくある仕訳例です。

(Q)パソコンのモニターを現金3万円で買った。

借方 貸方
消耗品費 30,000 現金 30,000

(Q)パソコン用のディスプレイ30,000円をクレジットカードで買った。
送料が1,000円かかった。翌月の27日に普通預金から31,000円の引き落としがあった。

借方 貸方
消耗品費 30,000
通信費 1,000
未払金 31,000
未払金 31,000 普通預金 31,000

スポーンサーリンク

(Q)パソコンのディスプレイ30,000を間違って配偶者のクレジットカードを使って買ってしまった。翌月に配偶者の預金から商品代が引き落とされた。

借方 貸方
消耗品費 30,000 事業主借 30,000

※摘要にどういう手段で支払ったかを書いておくようにしましょう。

購入した商品が10万円未満の場合は勘定科目の「消耗品費」を使うようにします。

ただし、商品が10万円以上の場合は原則として勘定科目の「工具器具備品」として減価償却処理しなければなりません。
また30万円未満の商品の場合は、特例によりその年の経費に入れることも可能です。(会社の場合)

関連記事リスト

パソコンのマウスを購入したときの勘定科目と仕訳例
パソコンのマウスを購入したときに使う勘定科目とよくある仕訳例です(複式...

レンタルサーバー代をクレジットカードで支払った時の勘定科目と仕訳例
レンタルサーバー代をクレジットカードで支払った場合の仕訳例―個人事業主...

パソコンをレンタルした時の勘定科目とよくある仕訳例
パソコンをレンタルした時のに使う勘定科目とよくある複式簿記での仕訳例で...

パソコンを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例
パソコンを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例です。パソコンの場合は購...

パソコンソフトを購入した場合の勘定科目と仕訳例
MicrosoftOfficeや会計ソフトなどのパソコンソフトを購入し...

プリンターを購入した時の勘定科目とよくある仕訳例
プリンターを購入した時に使う勘定科目とよくある仕訳例です。プリンターの...

このページの先頭へ