普通預金から通信費の引き落としがあった時の勘定科目と仕訳例

普通預金から通信費の引き落としがあった場合の仕訳例

(Q)プロバイダーの通信料3150円が普通預金から引き落とされた。

(A)通信費 3,150/普通預金 3,150

仕事をしている場所が自宅の場合は、私用と仕事用の割合を計算し按分する。
10%を私用、90%を仕事用で使っているなら仕訳は下記のとおり。
  
  通信費 2,835/普通預金 3,150
  事業主貸  315/

関連記事リスト

銀行の振込手数料に使う勘定科目と仕訳例
銀行の振込手数料が発生した時に使う勘定科目と仕訳例です。―個人事業主の...

普通預金から事業主の生活費を支払ったときの勘定科目と仕訳例
普通預金から個人事業主の生活費を支払った時(引出しがあった時)の勘定科...

普通預金の銀行利息が発生したときの勘定科目と仕訳例
普通預金に銀行の利息が振込まれていた時に使う勘定科目と仕訳例です。―個...

このページの先頭へ