借方・貸方とは

まず青色申告で複式簿記で記帳していくにあたって”借方(かりかた)・貸方(かしかた)”を理解する必要があります。

借方・貸方とは取引があったときに記帳する仕訳の勘定科目の位置のことで、借方(かりかた)は伝票や帳簿の左側になります。また、貸方(かしかた)は伝票や帳簿などの右側になります。

これは決算書の貸借対照表と損益計算書の勘定科目の位置と同じです。つまり現金(資産)が増えた時は、左側に現金科目を記帳していきます。

貸借対照表の科目
借方 貸方
【資産】
現金、預金、受取手形、売掛金、固定資産など
【負債】
買掛金、支払手形、未払金など
【資本】
資本金、元入金など
損益計算書の科目
借方 貸方
【費用】
租税公課、水道光熱費、通信費、地代家賃、新聞図書費など
【収益】
売上高、雑収入など
【利益】

複式簿記で記帳したときに勘定科目ごとに記載される位置が決まっているので、どの勘定科目が貸方で、どの勘定科目が借方なのかを覚えておくと記帳がしやすくなります。

例)
売上が現金で1万円あった場合の仕訳
現金 10,000/売上 10,000
※現金は資産なので借方 → つまり左側に現金を記帳する

が、しかし・・・・現金で交通費を千円支払った場合の仕訳は
交通費 1,000/現金 1,000
※この時の仕訳は現金が右側(貸方)にくる!なぜ?

現金は資産なので借方(左側)に記帳される勘定科目ですが、交通費を支払った場合に貸方(右側)にくるのは資産が減るためです。期末に決算書を作成したときに勘定科目の本来のポジションに残高がくるようにしなければなりません。

現金出納帳

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 借方・貸方とは
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Livedoor Clip - 借方・貸方とは


タグ


「複式簿記を始める前に」カテゴリの関連記事

このページの先頭へ