借方・貸方とは

借方・貸方の覚え方

まず青色申告で複式簿記で記帳していくにあたって”借方(かりかた)・貸方(かしかた)”を理解する必要があります。

借方・貸方とは取引があったときに記帳する仕訳の勘定科目の位置のことで、借方(かりかた)は伝票や帳簿の左側になります。また、貸方(かしかた)は伝票や帳簿などの右側になります。

スポーンサーリンク

これは決算書の貸借対照表と損益計算書の勘定科目の位置と同じです。
つまり現金(資産)が増えた時は、左側に現金科目を記帳していきます。

貸借対照表の科目
借方 貸方
【資産】
現金、預金、受取手形、売掛金、固定資産など
【負債】
買掛金、支払手形、未払金など
【資本】
資本金、元入金など
損益計算書の科目
借方 貸方
【費用】
租税公課、水道光熱費、通信費、地代家賃、新聞図書費など
【収益】
売上高、雑収入など
【利益】

記帳するときのポイント

複式簿記で記帳したときに勘定科目ごとに記載される位置が決まっているので、どの勘定科目が貸方で、どの勘定科目が借方なのかを覚えておくと記帳がしやすくなります

例)
売上が現金で1万円あった場合の仕訳
現金 10,000/売上 10,000
現金は資産なので借方 → つまり左側に現金を記帳する

が、しかし・・・・現金で交通費を千円支払った場合の仕訳は
交通費 1,000/現金 1,000
※この時の仕訳は現金が右側(貸方)にくる!なぜ?

現金は資産なので借方(左側)に記帳される勘定科目ですが、交通費を支払った場合に貸方(右側)にくるのは資産が減るためです。

期末に決算書を作成したときに勘定科目の本来のポジションに残高がくるようにしなければなりません。

現金出納帳

つまり、現金が増えた時→本来の借方(左側)ポジション、現金が減った時→借方科目とは逆の右側の貸方に記帳するというわけです。

SPONSORED LINK

「複式簿記を始める前に 」にある記事一覧

開業から確定申告までのながれ
ここでは開業初年度から確定申告までの流れを簡単に説明したいと思います。...

事業用の通帳やクレジットカードを作ろう
開業をし個人事業主となったらまずやっておくと便利なのが事業用の通帳やク...

複式簿記に必要な帳簿や伝票をそろえよう
開業したら複式簿記に必要な帳簿や伝票をそろえよう―個人事業主の為の複式...

勘定科目・相手勘定科目とは
勘定科目とは取引が発生した時にそれによって生じる資産・負債・資本の増減...

貸借対照表・損益計算書
貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)・損益計算書(そんえきけいさん...

領収書、請求書などの保存方法
領収書や請求書の保存方法―個人事業主の為の複式簿記入門講座...


このページの先頭へ