個人事業主(自営業)の経費・経費科目(費用の仕訳)

ここでは個人事業主(自営業者)で主に使われる経費・経費科目(費用の仕訳)について説明したいとおもいます。
フリーランスやSOHOなどの個人事業主でよく使われる経費には下記の経費科目があります。
費用の具体的な仕訳も書いていますので参考にして下さい。

旅費交通費(電車・バス・タクシー・航空券)
消耗品費(10万円以下の備品・パソコン関連商品・文房具・名刺)
地代家賃(自宅の一部を事務所として使っている場合の家賃・駐車場代)
水道光熱費(電気代・水道代など)
通信費(インターネット・電話代・ハガキ・切手)
荷造運賃(段ボール・ヒモ・テープ・宅配便代・発泡スチロールなど商品の販売用に使う時)
租税公課(印紙税、消費税、事業税、固定資産税、自動車税など)
広告宣伝費(パンフレット、チラシ、PPC広告など)
新聞図書費(新聞、書籍、雑誌など)
接待交際費(お歳暮、お中元、食事代、パーティ代など)
修繕費(機械や建物、自動車などの保守点検、修理)
外注費(原稿、イラスト、デザインなどの依頼料)
車両費(車にかかる費用をまとめた勘定科目)
など

経費(費用)は一番節税できる所なのでこまめにレシートや領収書は保存するようにします。

レシートや領収書の発行がない時(電車やバスを使ったときなど)は出金伝票を書きます。
電車はどの区間のり、往復でいくらだったのか、を記載します。
電車に乗った理由などもできるだけ詳しく書いておきます。

自宅の一部を仕事スペースとして使っている場合は、水道光熱費や地代家賃、通信費などの科目を必要経費として計上できます。

地代家賃ならまず仕事で使っているスペースの割合をだします。仕事用に半分使っているのなら、家賃の50%を必要経費として計上できます。

自家用車を仕事と兼用で使っている場合も、仕事と自家用での使用率を出して、仕事の分(ガソリン代、駐車場代の一部、修理代など)が費用として計上できます。

経費帳は勘定科目ごとに分けて仕訳を記載していきます。

例:経費帳(消耗品費)
日付 相手科目 摘要 借方 貸方 残高
1/15 現金 ノート・メモ帳 1,000   1,000
1/30 普通預金 青色申告ソフト 10,000   11,000
2/5 現金 パソコンメモリ 10,000   21,000
3/10 現金 取材・ガソリン代 5,000   26,000
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 個人事業主(自営業)の経費・経費科目(費用の仕訳)
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Livedoor Clip - 個人事業主(自営業)の経費・経費科目(費用の仕訳)


タグ

カテゴリー:複式簿記入門講座


「複式簿記入門講座」カテゴリの関連記事

このページの先頭へ