銀行の振込手数料に使う勘定科目と仕訳例

銀行の振込手数料に使う勘定科目と仕訳例です。

(Q)パソコンの周辺機器をインターネットで購入し商品代金5000円を銀行振込した際に振込手数料168円がかかった。

借方 貸方
消耗品費  5,000 
支払手数料 168
普通預金 5,168

(Q)商品5万円分を仕入れをした。振込手数料168円を先方負担で値引きしてくれることになった。

借方 貸方
仕入 49,832
支払手数料 168
普通預金 50,000

銀行の振込手数料の勘定科目は『支払手数料(雑費)』を使う。

関連記事リスト

普通預金から通信費の引き落としがあった時の勘定科目と仕訳例
普通預金から通信費の引き落としがあった時の勘定科目と仕訳例です。...

普通預金の銀行利息が発生したときの勘定科目と仕訳例
普通預金に銀行の利息が振込まれていた時に使う勘定科目と仕訳例です。―個...

普通預金から事業主の生活費を支払ったときの勘定科目と仕訳例
普通預金から個人事業主の生活費を支払った時(引出しがあった時)の勘定科...

このページの先頭へ