ガソリン代を現金で支払った

ガソリン代を現金で支払った場合の仕訳例

(Q)ガソリン代5000円を現金で支払った。車は事業用に90%、私用に10%使っている。

スポーンサーリンク


(A)消耗品費 4,500/現金 5,000
   事業主貸   500/

ガソリン代をは消耗品費の勘定科目を使う。
車をよく仕事で使う場合には、新たに燃料費などの勘定科目を設定してもよい。

車は私用(10%)にも使っているため按分する必要がある。支払った金額の90%を経費に計上し、残りは事業主貸をつかい複合仕訳にする。

仕事用でしかガソリンを消費しかなかった場合の仕訳は
   消耗品費 5,000/現金 5,000
ガソリン代は全額経費にもできる。

SPONSORED LINK

「複式簿記の仕訳Q&A 」にある記事一覧

普通預金から通信費の引き落としがあった
普通預金から通信費の引き落としがあった場合の仕訳例―個人事業主の為の複...

レンタルサーバー代をクレジットカードで支払った
レンタルサーバー代をクレジットカードで支払った場合の仕訳例―個人事業主...

印鑑証明を発行してもらった場合の仕訳例
印鑑証明を発行してもらった場合の仕訳例―個人事業主の為の複式簿記入門講...

住民票の手数料を現金で支払った場合の仕訳
住民票の手数料を現金で支払った場合の仕訳―個人事業主の為の複式簿記入門...

地代家賃が主人の口座から支払われた
事務所と自宅を兼用している場合で、家賃の支払い口座が主人だという方は次...

個人の財布から現金で携帯電話代を支払った
個人の財布から現金で携帯電話代を支払ったときの仕訳例(按分)―個人事業...

普通預金の銀行利息の仕訳例
普通預金に銀行の利息が振込まれていた場合の仕訳例―個人事業主の為の複式...

バス代を現金で支払った場合の仕訳例
バス代を現金で支払った場合の仕訳例―個人事業主の為の複式簿記入門講座...

仕事用の本をクレジットカードで買った
仕事用の本をクレジットカードで買った時の仕訳例―個人事業主の為の複式簿...

普通預金から事業主の生命保険料を支払った
普通預金から事業主個人の生命保険料を支払った場合の仕訳例―個人事業主の...


このページの先頭へ