ガソリン代を支払った場合のよくある仕訳例と勘定科目

ガソリン代を支払った場合のよくある仕訳例と勘定科目です。

(Q)
ガソリン代5000円を現金で支払った。車は事業用に90%、私用に10%使っている。

(A)

借方 貸方
旅費交通費 4,500
事業主貸   500
現金 5,000

基本的にガソリン代は旅費交通費の勘定科目を使う。
ただし、車をよく仕事で使う場合には、新たに車両費や燃料費などの勘定科目を設定してもよい

今回の仕訳は、車は私用(10%)にも使っているため按分する必要がある。支払った金額の90%を経費に計上し、残りは事業主貸を使って複合仕訳にする。

仕事用でしかガソリンを消費しかなかった場合の仕訳は

借方 貸方
旅費交通費  5,000 現金 5,000

ガソリン代は全額経費にもできる。

(Q)
ガソリン代3,000円を仕事用のクレジットカードで支払った。代金は来月に普通預金から引き落とされる。

(A)

借方 貸方
旅費交通費 3,000 未払金 3,000

引き落としがあった場合の仕訳

借方 貸方
未払金 3000 普通預金 3000

関連記事リスト

車検費用を支払ったときの仕訳例とつかう勘定科目(個人事業主)
車検費用を支払ったときのよくある仕訳例と勘定科目(個人事業主)。車検費...

このページの先頭へ