印鑑証明を発行してもらったときに使う勘定科目と仕訳例

印鑑証明を発行してもらった場合の仕訳例と使う勘定科目です。

(Q)印鑑証明を市役所で発行してもらった。発行手数料として300円を現金で支払った。
(A)租税公課 300/現金 300

(Q)印鑑証明書を区役所で発行してもらった。手数料300円は個人の財布から現金で支払った。
(A)租税公課 300/事業主借 300

スポーンサーリンク


住民票・印鑑証明・納税証明にかかる地方公共団体・市役所への手数料を支払う時の勘定科目は『租税公課』を使うのが一般的です。

※会社によっては印鑑発行手数料に勘定科目の「支払手数料」を使うところもあるようです。

関連記事リスト

住民票を取得した場合の勘定科目とよくある仕訳例
市役所や区役所で住民票を取得した場合の発行手数料は何費になる?住民票に...

登記簿謄本の発行手数料を支払ったときの勘定科目と仕訳例
登記簿謄本の証明書(登記事項証明書)の発行手数料を支払ったときに使う勘...

納税証明書の発行手数料を支払ったときの勘定科目と仕訳例
税務署で納税証明書の発行してもらったときの手数料に使う勘定科目とよくあ...

このページの先頭へ