接待交際費

接待交際費の仕訳をわかりやすく!

(接待)交際費(せったいこうさいひ)は取引先やお得意先、業務に関する人達との”お付き合い(接待)”に使う勘定科目です。

接待交際費に含まれるもの

お得意先の接待・接待飲食代、お土産代、会食・宴会費用、接待ゴルフ代(利用料・プレー代)、接待コンペ、お車代、事務所移転・開業祝い、お祝い・プレゼント代・贈答(出産、結婚、新築、開店など)、取引先への商品券やギフト券、香典、お中元、お歳暮、お見舞金、業務にかかわる人たちへの慶弔など

スポーンサーリンク

領収書やレシートなどには取引先の会社名や氏名を記入しておきましょう。
慶弔金など領収書が出ないものに関しては出金伝票で対応するようにしましょう。

接待交際費はいくらまで認められる?上限はあるの?

個人事業主の場合、接待交際費の上限というものはありません。
接待交際費で使った金額が全額経費として認められます。

接待交際費の仕訳例

例)セミナー終了後に仕事関連の人達と交流会を開き、食事代5,000円を現金で支払った場合の仕訳例

  接待交際費 5,000 / 現金 5,000

参考URL:国税庁「接待交際費に関するFAQ」

Pick up & PR

個人事業主の経費(勘定科目一覧) 」にある記事一覧

スポンサーリンク

このページの先頭へ